2008年06月07日

中国茶の世界〜緑茶〜

中国茶は大きく分けて7種類あります。緑茶、青茶、黒茶、白茶、黄茶、紅茶そして花茶です。

green-tea.jpg

緑茶は、中国茶の中でもっとも古い歴史を持っている、中国で最も代表的なお茶です。普通中国茶というと烏龍茶やプーアル茶が思い浮かびますが、実は中国茶の生産量の70%を占め、生産高、中国国内消費量共にトップの座を占めるのは緑茶なのです。

緑茶は、茶摘後、茶葉の成分であるカテキンを熱処理によって酸化発酵をさせないお茶です。そのために茶葉の色がそのまま保存されます。直接茶葉をコップや蓋碗などに入れて、そのまま飲むのがポピュラーです。お湯の色も淡く、渋みの少ないさっぱりとした味わいです。

代表的な緑茶としては龍井茶(ロンチン)があります。写真の茶は開化龍頂(浙江省)です。

続きはこちら

ラベル:中国茶 緑茶
posted by leprechaun at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。