2008年06月12日

1)鄭成功の生い立ち

前回へ



さて、初めに鄭成功の生い立ちを簡単に紹介しよう。

鄭成功の父の名は鄭芝龍。福建省泉州出身の海商・海賊であるが、時には明朝の招聘で明官になり、時には明に離反して海商や海賊になった。

彼は九州・平戸を根拠地の一つに身を寄せた時は、徳川家康が華人に対しての融和政策を取った時期でもあったので幕府からも優遇されていた。そしてそこで平戸藩士田川七左衛門松蔭の一人娘・松を妻にしていた。

やがて松は一子をなし、福松(帰国後に”森”と変えた)と名づけられた。後の鄭成功である(1624年)

福松は母のもとで育てられ、7歳(1631年)の時、初めて父のいる福建・泉州へ「帰国」することになった。しかし当時 、江戸幕府は婦女の出国を許さなかったので、母の松は同行せず、福松は単独で泉州へ到着した。

そこで福松は勉学を修め、童試の秀才を受けて合格し、なおその後に廩膳生の資格も得た。童試とは科挙の予備試験で、これに受からな>いと科挙は受験できなかった。また童試の成績が良かったものは、政府から奨学金が与えられたが、その学生を「廩膳生」と呼んだ。 つまり福松は優れた成績で、科
挙の第一段階を突破した、のである。

福松は、後に文武両全の優れた才能を開花させるが、それは当代一流の文学家である銭謙益に文章を学び、また元海賊であった父・鄭芝龍に軍事を学ぶという恵まれた環境によころが大きい。

その後、南京人大学(役所)にて勤めしながら、高官になる進士の科挙を準備していた矢先に、事件は起こった。



次回へ
posted by leprechaun at 21:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 鄭成功 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国茶の世界〜黒茶〜

black-tea.jpg

黒茶とは、緑茶を蒸して型で固めた後発酵茶です。文献上に初めて現れたのは北宋時代(1074)で、緑茶と同様に歴史の古いお茶です。プーアル茶などが有名です。

タンニンの多い大葉種で作られるためそのままでは飲みにくく、放置してタンニンを減少させたものが、このお茶の始まりであると言われています。つまり放置している間に自然に酵母菌がついて後発酵したお茶なのですが、近年故意に菌を付けて黒茶を製造していることから、自然発酵のものを「生茶」、人為的に菌発酵(握堆)させたものを「熟茶」と呼んでいます。

黒茶には、固形にされたものが少なくありません。円盤型にされたお茶を「餅茶」、お碗型のようなものを「沱茶」、レンガのような形のものを「磚茶」などと呼びます。これはモンゴルなど遠隔地への輸送がしやすいようにしたためです。

続きはこちら

posted by leprechaun at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国茶の世界〜青茶〜

blue-tea.jpg

烏龍茶を代表格とする、半発酵茶(不完全発酵茶)が青茶です。清代(1855〜)に製法が確立され、緑茶の「鮮爽慈味」と、紅茶の「濃厚香気」を併せ持つ、華南地方(福建省・広東省・台湾)を中心に生産されるお茶です。

華南出身が多い華僑が好むことから、青茶が日本を始め、世界に広まったといわれています。

半発酵といってもその幅は広く、8%程度(包種茶)から80%(紅烏龍)程度まで幅があります。そのため味や香りのバリエーションも豊かで、発酵度が高くなるにつれて、香りや味も淡いものから芳醇なものへと変化します。

青茶の有名な生産地は、福建省北部の武夷山(武夷岩茶)、福建省南部の安溪(鉄観音、黄金桂など)、広東省北部(鳳凰単叢、嶺頭単叢など)、台湾(凍頂烏龍茶、高山茶、木柵鉄観音、白毫烏龍)です。

代表的なブランドとしては鉄観音、武夷岩茶、東方美人、高山茶が有名です。

続きはこちら

posted by leprechaun at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国茶の世界〜黄茶〜

yellow-tea.jpg

黄茶は日本ではあまり知られていない、軽度の後発酵茶です。古代からあるとされていますが、確認されている最古の記録は明代(1571)のものです。18世紀には製法が完成され、湖南省の洞庭湖にある君山島で採れる君山銀針が最も有名です。

性質は「緑茶」と「黒茶」の中間で、どちらかというと「緑茶」のほうに近い位置にあり、「黄湯黄葉」が特色とされています。

使用する部分により、芽だけを使った「黄芽茶」(君山銀針、蒙頂黄芽など)、若葉でつくる「黄小茶」(北港毛尖など)、少し大きくなった硬い葉を用いる「黄大茶」(霍山黄大茶など)の3つに分類されます。

製造工程が他のお茶とは異なり、「悶黄(もんおう)」という湿った茶葉を放置し意図的に軽発酵させる工程が加わっています。

半分強の水分を乾燥させた後、茶葉を積み重ね、紙や湿った布をかぶせて高温多湿の場所に放置します。それによって、茶葉は、酸化発酵ではなく、酵母菌の作用で軽く発酵(「後発酵」)します。

続きはこちら

posted by leprechaun at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国茶の世界〜白茶〜

white-tea.jpg

新芽の白毛が多い品種を使う、発酵度のとても軽いお茶です。太平天国の時代(1857年頃)に創始されたとされる、比較的歴史の浅い品種です。

淡香淡味が特色で、湯色も淡く、味もあっさりとしていて飲みやすいお茶です。香りも良く美味しいお茶です。しかし、カフェイン含有量は高めなので、就寝前には飲まない方が無難。

中国でも様々なお茶を飲み尽くして飽きた、通人が飲むとされていますが、香港などでは、一般的に飲茶などで飲まれています。代表的なブランドは白毫銀針、白牡丹、寿眉など。白毫銀針はガラスコップで、白牡丹、寿眉はポットで入れて楽しむのが一般的ですが、もちろん他にも様々な方法があります。

白茶は、摘んだ茶葉を円形の水篩(しすい)平籠やゴザに広げしおらせ、焙籠に紙を敷いて弱火で乾燥させ、発酵を止めるという非常にプリミティブな製茶法を用います。「揉捻」を行って強制的に発酵を促すようなことをせず、「萎凋」の段階でゆっくりと発酵を進ませるのが特徴です。そのために、わずかに発酵するので「弱発酵茶」とよばれます。

続きはこちら

タグ:白茶
posted by leprechaun at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。