2008年06月13日

4)鉄人部隊の創設

前回へ


tielun.jpg

その席上で、耳目をひく一つの報告があった。去年の護国嶺の戦役で、鄭軍は正三旗の筆頭武将・河格商(満人)を倒したのだが、彼の身につけていた鎧や兜等を点検すると、驚いたことに全身のほとんどが鉄で纏われていたと言う。

この報に接した成功も、「自分が幼児時に見た日本の武士達も、鉄で纏われた重装備の騎士は、勇猛果敢に見えた」という話を紹介して、「我が軍でも、このような鉄に纏われた『鉄人部隊』を創設したら、清軍の重装騎馬部隊に対抗できるかもしれない」、と提案した。

しかし言うは易く、行う難し、騎兵が鉄の鎧をまとうことができるのは、馬に跨って自分は動く必要はないからである。騎兵と同様に30斤(=20キロ弱)もある鉄の重装備を、一人の兵士に架せられて作戦行動を取るのは到底無理と、諸将は異論を唱えた。

だが、鄭軍きっての勇将・甘W(後の北伐・総司令官)が次のような提案をした。「兵士に平素から両
足腿にそれなりの重さの砂袋を縛り付けて訓練して、慣れさせたらどうか」。この発言に鄭成功もなるほどと思い、早速実行に移した。

鉄面を被り、鉄衣を纏った鉄人部隊を最初は5千人組織し、訓練させてみると、思いのほかうまく行ったので、後には一万人規模に拡大した。徴募した兵員の中には、日本からの浪人も混じっていたという。

(上の画像はオランダ国立図書館収蔵のものだが、後に鄭軍と対立したオランダは、鉄人部隊の画像を多数残した。)


次回へ
posted by leprechaun at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 鄭成功 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。